ウーマン

自信あふれる顔になる|ニキビ洗顔の豆知識

カラーで季節感を出す

化粧品

秋は、冬を迎える季節なので、こっくりしたカラーのコスメが人気になります。目元にはボルドーやベージュ、ダークブラウンなどを取り入れ、頬や口元にはローズやオレンジ系を取り入れると、秋らしいメイクになります。

手軽に美しい仕上がりに

ファンデーション

液状のメイク化粧品を、エアブラシで肌に吹き付けることで、メイクを手早く美しく仕上げることが可能となります。毛穴やシワを隠すこともできますし、さらにはグラデーションをつけることもできます。絵具のように複数のものを混ぜて使用することもできるので、これによりメイクのバリエーションが豊富になります。

正しく洗ってきれいに

洗顔

清潔にする事が基本

皮脂の分泌が過剰になってしまうと、毛穴を詰まらせてしまう事があります。そこに菌が繁殖すると化膿したり熱を持ってしまう事が多く、結果的に酷い炎症となってしまう場合も少なくありません。ニキビは肌に出来る炎症のことで、皮脂腺が有る箇所では出来る可能性があります。通常ニキビは顔に出来る場合が多いのですが、それを改善・予防する方法の一つとして洗顔が有ります。しかし肌に負担を掛けてしまう方法は良くないので、まずは沢山の泡で洗う様にします。そうすれば肌をこすらなくても汚れを落とす事が出来るので、余計な刺激を与えなくても済みます。もう一つはタオルで水気を吸い取る時は出来るだけ肌を抑えるようにして行う事です。こすってしまうとさっぱりした感じはしますが結果的に肌に無数の傷が出来てしまう原因になる為、こすってはいけません。また、洗顔はきれいに洗い流す事が基本です。したがってその成分が残ってしまう様な感じで洗うのは良く無く、ときには洗顔料が残っているからより肌が荒れてしまう事も有ります。ニキビ洗顔では特に洗顔料を残らないようにする事が基本なので、丁寧に何度も水かぬるま湯で洗い流します。そうする事によって肌を清潔に保つ事が出来ると、菌の増殖を防ぐ事が出来る為、ニキビ洗顔の効果を感じられるようになります。ただニキビ洗顔は確かにニキビの対応としては必要ですが、洗い過ぎてしまうと乾燥を招いてしまいます。肌は乾燥すると皮脂を分泌しようとするので、洗い過ぎると却って肌がべたつきニキビが悪化してしまう可能性もあります。ニキビ洗顔をする時は自分の肌の状態を見て適切な回数行います。

洗顔できれいな肌を目指す

石けん

洗顔はきれいな肌作りには欠かすことができませんが、洗顔石鹸はどれを選んでも同じというわけではありません。肌質や肌の悩みに合うもの、余計な成分が入っていないもの、泡の質が良いものなどじっくり比較して安心して続けられる商品を選びましょう。